きれいの素

網膜色素変性症になって見えた世界〜「本当のキレイ」を探し、自分らしく生きる

女性は40代になったら、人間関係を見直すチャンスのときと思おう

こんにちは。もみじです♪

20代、30代を過ぎ、大人世代の40代について振り返りました。

 

www.kirei-no-moto.com 

www.kirei-no-moto.com

 

40代の人間関係は濃い塩水?

f:id:kmomiji:20190410143914j:plain
40代の人間関係は、海水で言えば水分だけ蒸発して濃い塩水になってしまったような感じ。

40代も後半に入る頃には、本当に関わりたい人とだけ関わっていることに気づいてしまいます。

40代は、仕事や家庭との両立、または親の介護が始まる人もいますし子育てしている人は子供が思春期だったり受験の時期だったり

 

むやみやたらに家庭内のことをママ友ランチなどで話せなくなり…、

こと子供の受験に関しては、子供のプライバシーですから、親がお茶のみのネタにして外でペラペラ話すなど、しなくなるものです。

 

そして、自分の貴重な時間をどこに使うかということを考え始める時期でもあります。

 

極端な言い方をすると、自分が会いたいと思う人から、会いたいと思ってもらえる自分であるかどうかが分かってしまう世代でもあります。

 

30代にチャレンジをして、何かを磨き上げていた人は、何かを磨き上げている人と会いたくなるもの。

 

30代に面倒なことから逃げまわり、努力を避けた生き方をした人は、キラキラした人とは疎遠になっていく。

でも実はそれは、居心地が良く「類友」として、末永く関わり続けることができる癒しの居場所であることもたしか。

 

いつの時も、

自分がどうしたいか、

自分がどうなりたいか、

どういう生き方がしたいか、

 自問自答しながら歳を重ねていくのですが、

誰もが潜在的に自分がしたいように、なりたいようになっているはずなのです。

 

たとえば「キラキラしたい」と言っている人でも、実はそんなにキラキラしなくても、「ちょっとマットな感じ」で充分幸せと潜在的に思っていれば、そのような人生になっていくのです。

 

それが幸せなら、それで良い♪ということです。

自分の幸せは自分が感じる「幸せ」ですから…。

自分らしさを出していく時

f:id:kmomiji:20190410145235j:plain

40代は30代に積み上げてきたものが形になってくるころ。

そして心身ともに30代とは何かちょっと違うことも、心の中でこっそりと感じ始める時期。

 

それを受け入れていくことが、さらにキラキラと輝いていける秘訣なのではないかと私は思います。

 

以前、「35歳で美人リストが変わる」という記事を書きましたが、40代はもうそのリストが変わった後ということを知っておくと、自分磨きの方法が見つかります。

 

www.kirei-no-moto.com

 顔の造形ではなく「生き方」「生き様」が表情に現れ、『キレイな人』という基準が、どこか変わってきている時期ということです。

 

だからこそ自分らしさを出していく時、そうしないと自分を見失ってしまいますから。

 

その「自分らしさ」は、もしかしたら誰かが「痛々しいと」言うかもしれない。

だからと言って、誰からも何も言われないように、無難に目立たず生きていたら、

それは「つまらない人」と言われるかもしれない。

 

「どうしたらいいの?」と迷う時もありますが、

やはり、年月をかけて「本当は自分がどうなりたいか」の方向に進んでいくものです。

そして何を選んでも、自分が本当に「幸せ」と思えたらそれでいいのです。

自分の価値観の外にあるものとどう向き合うか

f:id:kmomiji:20190410151038j:plain

人生を40年も重ね、ある程度、自分の生き方に自信が付いてきている40代。

違和感を感じたり、受け入れがたい何かを目の当たりにした時、シンプルに「自分とは違う」という感覚におとし込めれば、いいのですが、

「正しいか正しくないか」でジャッジしてしまうと、どうしても辛くなってしまいます

40代は優しいようで、見方を変えると実は冷たい?

20代、30代までと違って、40代を超えると、さらに相手に対して「私はこう思うよ」という本当の気持ちを伝え合わなくなります。

 

なぜなら、日々の生活にパワーを要し、そんなエネルギーが残っていないから。

なぜなら、そこまでして相手を理解しなくてもいいと思っているから。

 

子供の頃のように純粋に本音でぶつかって喧嘩してなどという事は、40代の人間関係ではほぼ皆無です。

 

それは「優しい」という言葉のすぐ裏に、「他人の事は自分には関係ない」というある種の冷たさが隠れているのかもしれません。。。

逆に、「相手の全てを心から尊重するから何も言わない」ということだとすれば、それはまた「優しさを超越した」奥深いものかもしれませんが…。

 

40代以降の多くの人は、本当のことを言って、例えば傷つき傷つけあってまで、関係性を今から構築しようとは思わないという方がほとんどなのではないでしょうか。

 

そういう私自身も、触れ合う全ての人々に真っ向から向き合い、本音をぶつけ合い、お互いに納得がいくまで議論し続けるかと言ったら「いいえ」と答えます(^ ^)。

 

ですが、その「程よい距離感」が、そこから先の人生にはとても大切なことのように思えるのです。

 

折り合いをつけ、大人として同じ空間で協力し合える心の距離感…♪

 

まとめ

40代は、30代を振り返らず、50代60代を見据えて、これから自分がどんな生き方をしていきたいのか、もう一度考えることができる素敵なチャンスの時期だと思います。

 

それまでの人生を形にし始め、次の自分への準備を楽しむ。そんな世代。

 

人生100年。

まだまだこれから。

人生いつも「旬」でありたいと思っています♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます(^.^)♪

 

 

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村