きれいの素

網膜色素変性症になって見えた世界〜「本当のキレイ」を探し、自分らしく生きる

3度目の骨折。見えていないところが多いことをちゃんと自覚しなくちゃ。

こんにちは。もみじです♪

 

3度目の骨折しました^^;

f:id:kmomiji:20191101163707j:plain

 

ブログは骨折がきっかけだった

ブログをはじめたきっかけの一つが、昨年末の大晦日の夜に骨折し、視覚障害で見えにくい上に歩くこともままならず、ほとんど家から出られない気持ちになったことでした。

 

足の回復とともに、外には出られるようになりましたが、ブログを通して自分と向き合えるようになったことが大きな収穫で、「ブログ=家の中の生活」という概念が吹っ飛び、今も楽しく続けています^^♪

 

見えていなくて

3度の骨折。

すべて右足。家の中。

 

1回目は10年前、小指の真ん中あたり。

急いで動いていて、壁が見えていなく、角を蹴り強打。

 

2回目は、小指の先。

調理台から炊飯ジャーの内釜が落ちるのが見えていなく、足に落下するまで気づかず。

 

今回は、小指の骨の側面。

開けっ放しのクローゼットの扉を思い切り蹴って強打。

f:id:kmomiji:20191101173827j:plain


痛みがどうこうより、折った場所が今回は「着いたら治らない」らしいです。

 

見えていないのに動きが早すぎる!

それは、ずっと、

家族から言われ、自分でも気づいていたこと。

 

そう。

私、せっかちなのです^^;

 

今までも顔面強打は数え切れず、、

視野狭窄で見えない部分が多いため、目を閉じず顔を下げたとき、そこにあったもので角膜をガリッ(><)。

 

いい加減にこの性格を直さないと、さらに大きなケガをする!

このたび改めて痛感です。

 

医師からお説教

「残念ですが、今回は歩きながらでは治すことはできません。

足を着かないでください。

両方に松葉杖か、ロフスト(片方の杖)を使い、足を着かないように。」

 

ガーン(T_T)

 

そして!

たくさん歩かないでくださいね」と。 

私…

たくさん?ショッピングとか…」と言いかけた瞬間!

医師から

「ご自分の足ですよ(-.-)!ズレてくっついたら手術しなくちゃならなくなりますよ!」

それまで優しかった先生が怖い表情に一変。

軽くお説教されました(><)。

 

はい!!

おっしゃる通りで!

着きません(^^ゞ!

f:id:kmomiji:20191101172530j:plain

杖は2種類、借りました。

松葉杖、ロフスト、各5000円を貸出料として支払い、両方、借りてきました。

f:id:kmomiji:20191101173722p:plain

こんなときに

9月に台風で被災した母を一時避難で我が家に引き取り、一緒に暮らすなかで、本来、私がサポートすべきところ、何かと母を動かすことに…^^;

 

母からは

「甘えるな~、奮い立て!」と笑われ、

続いて

「何なりとお申し付けくださいませ」といじってきました(^^

なんだか母が元気になってる♪

 

母が我が家に来て1ヶ月半、私自身がこの生活に慣れて油断していたということは否めないなぁ

面目な〜い(/_;) 

今できること

母と過ごす。

今の私には、これに尽きます。

当面の仕事関係、プライベートの外出も全てキャンセル♪

 

いつも何かアクシデントがあった時に思うことは、

「これには意味がある」ということ。

 

3度目ともなると、この感覚に慣れたのか、

できないことを嘆くより、できることを探す楽しさをたくさん見つけることで、毎日、笑って暮らせる気がします(^.^)。

 

読書(Kindleで聞く)、Amazonで映画を観るなども久々に時間を作れますし(*^^*)

 

おわりに

自分が思うより、見えていないことを自覚するという、そういう意味での「自分と向き合う」「自分を受け入れる」を穏やかな気持ちで感じていこうと思います^_^

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます(^.^)♪

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村