きれいの素

視覚しょう害がありますが、今できることを楽しんで、いつも笑顔で過ごしたい。

「これでよかった」と思えるときは、「全てが必然」という考え方ができたとき。

こんにちは。もみじです♪

 

何か辛いことがあったとき、「これでよかった」と、すぐに切り替えることが出来るときと出来ないときがあります。

       f:id:kmomiji:20191111144913j:plain

 
私自身が、切り替えが早くなったのがなぜなのか

振り返ってみたところ、難病といわれる視覚障害を受け入れた…ということもありますが、もう一つの要因は、幼少期の吃音の経験でした。

 

www.kirei-no-moto.com

 

もうずっと昔のことですがよ〜く憶えています(^.^)。。。

 

『ものごころ』ついた5歳くらいからの記憶をたどると、できれば誰にも言いいたくない苦しい思いをしたことの一つです。

 

きっと誰にでも、そんな気持ちになることはあるのかもしれませんが、「苦しい」という感覚には個人差があって、物事の捉え方や心の忍耐力によって、起きている現象より、どう捉えて何を選択したかで、落ち込み具合はそれぞれ。

その先の道(人生)は無限にあります。

 

幼少期から思春期は吃音で苦しんだ

もみじは幼少期から吃音がありました。

それを隠したいと思った思春期前半、人前で話すことへの極度の緊張感から、声が出なくなりました。

普段、友達とのたわいないお喋りは全く普通にできるのですが、人前、電話、その他、「あ、だめだ!」と思った瞬間に呼吸が浅くなりアウト!全く声が出ないのです。

あれは辛かったです。思い出しても呼吸が浅くなる(><)。

    f:id:kmomiji:20191111150328j:plain

催眠療法で克服

学生時代までは、逃げに逃げ回りました。

親には内緒で学校の授業をずいぶんとサボりました^^;

「今日は日だから、出席番号番の自分は国語の授業で音読があたる」という日は必ず

 

そして、社会人になり、催眠療法に通い半年間、呼吸法を習って克服したのです。

 

今になって思えば、催眠療法が効いたというより、催眠術にかかりやすいと判断されたことで、「呼吸法でリラックスする方法を身につけた」ということだったように思います。

 

そして、「ありのままの自分でいいや」と思えたことも克服できた大きな要因だったと、思っています。

『カッコよく熟したい』と見栄をはっていたころが一番、心がガンジガラメでした。

    f:id:kmomiji:20191111150541j:plain

今、堂々といられるのは

5歳から成人するまで、ずっと抱えていたコンプレックスが私を強くしてくれました。

 

今の仕事を始めた30代前半、ある方に言われた…

「コンプレックスがある人のほうが努力する」という言葉を信じ、ひたすら努力しました。

何を努力したか?

それは「経験を積む」こと。

人前で話す機会から逃げず、飛び込み、ひたすら現場を経験する。

そして、

人生は一回であることをいつも強く心に言い聞かせる

そうしているうち次第に、等身大の自分で臨むことに恥ずかしさを感じなくなり、あんなに苦しかった学生時代のことを、こうして書きおろせるようにもなりました(^.^)。

 

何も怖いものはなくなり、自分が本当にしたいことに向かうことができるようになったのです。

講義やスピーチの機会をいただき、何度か経験しました。

いつも事前準備はしっかりとし、気持ちに余裕を持って臨むことを心がけ、逃げていたことに挑戦している自分を心のなかで褒めてあげました♪

 

そしてある日、「これでよかった」て思えたときがあったのです。

幼少期からの苦しかった吃音は、私に「努力が報われる」ことを教えてくれ、人生で一度は「大勢の前で話してみたい」という夢をも叶えてくれました。

 

そうなると思って始めたことではなかったけれど、結果として大きな成長となって自分に返ってきたわけです。

     f:id:kmomiji:20191111151321j:plain

苦しかったことも必然だった

どんなときも、自分以外の人の気持ちを全て理解することなどできませんが、少なくてもそれに近い経験をしたとしたら、人の心の傷みに寄り添うことはできます。

 

苦しい経験の種類は違っても、「なぜ私だけ?」って…

この世からいなくなってしまいたい気持ちになるくらいに心が壊れてしまいそうな思いをしたことがあるとしたら…

「わかるようなきがする」という寄り添い方ができます。

 

私自身にとって、きっとこの経験は必要だった…「必然」だったのだろうと、今になって強く感じています、

劣等感の塊が重くのしかかる経験をしておいてよかった。

そんな気持ち。

自分に必要な過去だったということです。

 

全てを糧に、これからの自分に何ができるか、自分を磨きながら様々なことを思い描いて、人生の晩年を生きています(^.^)。

 

おわりに

私が思うに、コンプレックスは宝です。

アナウンサーの小倉智昭さんも、元首相の田中角栄氏も、「ひどい吃音症だった」ということを聞いたとき、人生において眩しい光を放つ前には大きな陰があったことを知りました。

 

出来ないことを悔やむより、出来ることを見つける。

明日また何か別の「出来ないこと」に出くわしてしまったら、また「出来ること」を見つけ、その積み重ねで、いつの間にかコンプレックスを克服していたという経験をしながら、自分を褒めて生きていけたらと思います☆彡

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます(^.^)♪

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村