きれいの素

視覚障害がありますが、今できることを楽しんで、いつも笑顔で過ごしたい。人生一回、やりたいことはやってみてから考える♪

骨折から1ヶ月、まだ痛いのはあたりまえ。 リハビリは「いい加減」に。

こんにちは。もみじです♪

 

骨折から1ヶ月ちょっと。

リハビリは「いい加減」にしておかないと…。

      f:id:kmomiji:20191206122745j:plain

 1ヶ月ではまだまだ

もともとせっかちな私にとって、一ヶ月間も家の中に閉じこもっている事自体が、相当の苦痛^^;

早く歩き回りたい!

 

www.kirei-no-moto.com

 前回の診察の際に

「ギプスを外してリハビリを始めましょう!」

と言われた時のうれしかったこと(^^)♪

 

ギプスが取れて包帯だけになったら、クロックスくらい履けるかしら?

 

と、思いきや、

大きめサイズの夫のクロックスでも、包帯を巻いた足ではキツく、

折れた患部が圧迫されて痛い!

 

母の巻爪対策の靴を片方だけ借りて、

通称ロフスト(片方だけの杖)を着いて散歩・・・

f:id:kmomiji:20191206140659j:plain

3日連続の散歩が堪えた

自力で歩いて…

1日目、骨折前は10分くらいで一回り出来るくらいの近場。

2日目、お天気が良く暖かかったので、調子に乗ってスーパーまで行き、帰りはちょっと寄り道をして土手を眺め、5000歩超え^^

3日目、控えめにして近場。1800歩

    f:id:kmomiji:20191206141857j:plain

母も久しぶりの散歩で嬉しそう♪

 

www.kirei-no-moto.com

 
3日間、この程度の外出でしたが、家の中の家事もあり、2階へ上がったり降りたり…。

 

すると、夜中に折った箇所じ〜ん…として、

目が冷めたりして…^^;

 

3日連続、アスファルトをひょこひょこ歩くのは、たとえ杖を使ったとしても、何らかの負担がかかっていたのでしょう。

 

医師から、

「まだ外はあまりたくさん歩かないほうがいい」と言われたのは、こういうことね…。

 

と、気を取り直し、完治までの期間が長引くほうがっもっと嫌なので、今しばらくはおとなしく過ごすことにします。

f:id:kmomiji:20191206142233j:plain

若い頃とは違うから

9年前に同じく右足の小指の、今より少しだけ先の方を骨折したときは、1ヶ月半ちょっとくらいでも、シーネをつけて大きめの靴を履いて電車に乗り、パーティーに行ったものでした。

40代半ばごろ…、若かった〜^^;

 

www.kirei-no-moto.com

 筋肉も動体視力も、今よりあって、負けてないのは気力くらい(^.^)♪

 

周りからも「もう若くないんだから、ちゃんと治してね!」と、ありがたい言葉をいただきます♪

が、、

若い人には、「若いんだから、ちゃんと治しておかなくちゃね!」ってよく言いますよね。

 

ってことは、

いずれにしても、ちゃんと治すのは絶対不可欠!

 

あえて言うなら、今、この歳になって、家から出られない生活を強いられたことは、この先の人生を考えるに大きなきっかけとなり、ずいぶんと心が落ち着きました(*^^*)

f:id:kmomiji:20191206150116j:plain

ゆっくり歩いては立ち止まり、見上げた秋の青空と雲

そういった面でも、3度目の骨折は、若い頃とは違う何かを自分に与えてくれているように思います。

おわりに

やりたいことがありすぎて、気持ちばかりが急いていますが、骨折とは「骨が折れている」わけですから、しっかりくっつくまで「日にち薬」と肝に銘じて過ごします。

 

この世の誰一人として、自分と同じ景色を同じ気持ちで見ることはないと言われています。

今の自分に必要なことが自分の身に降りかかったということで、一日一日を大切に…。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます(^.^)♪

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村