きれいの素

年齢を重ねても、障害があっても、小さなハッピーはすぐそこに♪

マナーを守ろう。いつもと違う空気感の散歩路に思うこと。

こんにちは。もみじです♪

 

外出自粛の毎日。

土手沿いの遊歩道を散歩する人が増えている気がします。

    f:id:kmomiji:20200408134650j:plain
そんなある日

それは危ないでしょう!と思ったことを2つほど(^^ゞ

ゴルフの素振り?

土手に降りる階段を、足下を見ながらゆっくりと降りていると、

 

「危ないですよー」という女性の声が耳に入り、

誰が誰にその言葉をかけたのか

 その瞬間はわからず…

 

自分に向かっての言葉ではないと察し、

周りを見たら、

 

70代くらいのおじさんがゴルフの素振りをしていました。

そして次の瞬間、

ボールを打ったのです!

     f:id:kmomiji:20200408143116j:plain
階段を降りかけていた私

こっちに向かって打った!?

かたまりました(・∀・)。

 

私が降りていた階段の下の2mくらい離れたところにボールはポトンと落ちました。

 

さっきの「危ないですよ〜」の言葉は、通りかかった女性が、このおじさんにかけた言葉だったのです。

 

そう言われてもまた打ったの!?

この人!(-.-)

 

散歩をする人がたくさんいるような遊歩道の近くで、ゴルフクラブで素振りをするのも危ないのに、ボールを打つなんてもってのほか!

これは黙って通り過ぎるわけにはいかない!

 

私も言いました!

「ボールを打ったら危ないですよ!」

 

するとそのおじさん、

「ピンポン玉みたいなものだから」

「ピンポン玉~!?そんな飛び方します??」

 

おじさん

「ピンポン玉より柔らかいんだよ。触ってごらん、ほら」

 

って

 

このご時世、見知らぬ人の私物に触るのは気が引けて、

指先が出る紫外線よけのグローブをつけていたので、手袋越しに受け取ってみると、

 

ゴム?のような子供が遊ぶボールに似た感触でした。

 

ボールがどうあれ、人が歩いて行こうとしている方向に打ってきた事は、

少なからずどうなの!?

という感じ(-.-;)。

 

おじさんは、私をニコニコした目で見るのですが

ダメなものはダメ!

    f:id:kmomiji:20200408144427j:plain

私は

「こちらに向けて打ったので、怖かった」

そう言って立ち去りました。

 

もしダフったら小石が飛び、それこそ当たったら大怪我ですし!

 

少し歩いて振り返ると、そのおじさんはいませんでした。

やめてくれたかな(^.^)♪

遊歩道を自転車は

川沿いの遊歩道、今までは歩くまたはジョギングの人しかいませんでした。

 

ときには杖をついたお年寄りも歩いているし、何かの病後のリハビリなのか、少し不自由な片足をゆっくりと運びながら歩いている人もいる中、最近になって、自転車のおじさんが通ることが気になっていました。

 

通り道にしないでほしいと思いきや、

このおじさん、

ただ遊歩道を散歩のように走っているいるだけだったのです。  

   f:id:kmomiji:20200408150037j:plain
私を追い抜いたおじさんは、自転車では通れない堀がある場所でUターンして、引き返してきました。

毎日、このパターンだったのね。。

 

遊歩道は決して広くなく、人がすれ違うのにちょうどいい程度の幅しかないのです。

みんな自転車が来ると黙って避けている

 

私事として、視覚障害があるため、人とすれ違うのにも細心の注意をはらっているのに、スピードのある自転車をよけるのに、間に合わなかったらとかコワイのです。

 

そこで、

この遊歩道が自転車立入禁止かどうか確認してみました。

 

市役所に電話をしたところ、たらい回しの結果(よくあります)、

 

「県の管轄」とのことで、

県土整備事務所の電話番号教えてもらい、問い合わせしてみました。

 

【結果】

一般的には、特に「自転車通行禁止」とはしていないので、歩行者と自転車がお互いに気をつけながら通行する。

 

なるほど。

ということで、

マナーの問題という事になりました。

 

今まで自転車がいなくて安心して歩けていたのは、「暗黙の了解」のごとく、近隣の人たちが皆、マナーを守っていたんだ…と改めて思ったところです。

    f:id:kmomiji:20200408140943j:plain

おわりに

散歩コースひとつにしても、例えば公園も、今までとは違う人並み、今までとは違う空気を感じる昨今です。

 

リフレッシュのために、外に出てくる人が増えていますが、公共の場所でのマナーをしっかり守って、お互い気持ちよく今のこの時期を乗り越えていきたいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます(^.^)♪

 


PVアクセスランキング にほんブログ村