きれいの素

網膜色素変性症になって見えた世界〜「本当のキレイ」を探し、自分らしく生きる

iPhoneやiPadでKindleの本を聞く方法

こんにちはもみじです♪

 

今日はiPhoneiPadで簡単に本を聞く方法をお伝えします。

 

f:id:kmomiji:20190306183039j:plain

 

 

 

 たくさん本を読みたいけど、目が疲れる、じっくり座って本を読む時間がなかなか作れない、歩きながら本が読めたら...

 

そんな方のために、いつも私がやっている、とても簡単な方法です

 

iPhoneの設定

【設定】→【一般】→【アクセシビリティ】→【スピーチ】→【画面の読み上げをONにする】

 

写真を見ながら、順を追って進んでいきましょう!

 

【設定】→【一般】

 

f:id:kmomiji:20190306183900j:plain

 ⬇︎

アクセシビリティ

 

f:id:kmomiji:20190306184327j:plain

 ⬇︎

【スピーチ】

 

f:id:kmomiji:20190306185415j:plain

⬇︎

【画面の読み上げをONにする】

 

 

f:id:kmomiji:20190306185802j:plain

 

 

Kindleアプリでの操作方法

 

Kindleアプリを開く】

 

本文のページを 

二本の指で画面の上から下へとシュッとなぞる

 

※画面上ギリギリから触れるのがコツです!

 

f:id:kmomiji:20190306190206j:plain

 

 

▼下記のような表示が出て音声が出ます

 

 

f:id:kmomiji:20190306190540p:plain

 

※速度はカメさんとウサギさんのマークで変えられます

 

iPadの設定

 

iPhoneと同様です

 

 

【設定】→【一般】→【アクセシビリティ】→【スピーチ】→【画面の読み上げをONにする】

 

 

まずは 

【設定】→【一般】→【アクセシビリティ

 

f:id:kmomiji:20190306191415j:plain

 ⬇︎

【スピーチ】

 

f:id:kmomiji:20190306191543j:plain

 ⬇︎

 【画面読み上げをONにする】

 

f:id:kmomiji:20190306191734j:plain

 

 

 

Kindleアプリでの操作方法

 

本文のページを 

二本の指で画面の上から下へとシュッとなぞる

 

※画面上ギリギリから触れるのがコツです!

 

f:id:kmomiji:20190306192119j:plain

 

 

▼下記のような表示が出て音声が出ます

 

 

f:id:kmomiji:20190306192159p:plain

 

 ※速度はカメさんとウサギさんのマークで変えられます

 

 

読み方を変える設定

音声はコンピューターですので、時折、読み方に違和感がある場合があります。

 

例えば

 

『一日おきに…』という文字があった場合、『一日』を『ついたち』と読まれると、

『ついたちおきに…』となってしまったり・・・

何気なく聞いていて、前後の文脈から「どういう意味?」...という具合になります。

 

この時はこう読んでほしいという、読み方の設定ができますので、よければご参考まで。

  

 

iPhoneの画面ですがiPadも同様です

【スピーチ】→【読みかた】

 

 

f:id:kmomiji:20190306192944j:plain

 

⬇︎

⬇︎

 

▼右上の➕をタップ

 

 

f:id:kmomiji:20190306194812j:plain

 

 

 

▼ 語句に漢字を打ち込む

▼下記のいずれかの方法で読み方を設定。

①マイクのマークをタップ→自分の声で読み方を言う→画面が切り替わり、候補の中から希望の読み方を選ぶ。

②スペルアウトする

  

f:id:kmomiji:20190306194827j:plain

 

 

▼私はスペルアウトしてみました

 

 

f:id:kmomiji:20190306194848j:plain

 

声も選べます

【スピーチ】→【声】のところで男性/女性の声を選べます 

 

私は女性のSiriの声で聞いています♪

 

二本指の操作がうまくいかないとき

 

画面上の端ギリギリから二本の指で縦にスライドさせるのがコツです

 

 

まとめ

 いかがでしたでしょうか。

私自身が、視覚障害があり、非常に目が疲れやすく、本を読むことが遠のいていた時に、この方法を知って、世界が変わりました。

 

エッセイや思考改革の本、経済の本など、今まで諦めていた小さな文字の厚い本も聞いて学べるようになり、感動しました。

 

少しでもお役に立てたら幸いです。

 

 

Kindleを開く

二本の指で画面の上から下にシュッ!

 

 

たったこれだけで、本を読み聞かせてくれる機能

ありがたいです(^^)*・♬*

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます(^.^)♪