きれいの素

視覚しょう害がありますが、今できることを楽しんで、いつも笑顔で過ごしたい。

ヒマワリを育て、お別れの切なさを感じた。

こんにちは。もみじです♪

 

大きなヒマワリをはじめて育てました。

f:id:kmomiji:20190725171807j:plain

 

はじめて育てたヒマワリ 

昨年から始めたガーデニング。

庭にヒマワリの種を蒔き、一から育てたのは初めてで、思えば、こんなに間近でヒマワリを見るのは、小学生の夏休み、校庭に水やりに行っていた頃以来でした。

 

我家の庭にはミニサイズが丁度いいと思い、2種類のミニヒマワリの種を蒔いたつもりが…

www.kirei-no-moto.com

 

1つは種を買い間違えていて、みるみる成長し、2階のベランダからでないと花を見ることができなくなり、毎日、上から眺めていました。

f:id:kmomiji:20190725185257j:plain

 

ついに満開に

太陽の方を見るヒマワリ。

 

〜向日葵〜

太陽を追って回るというのが語源。

 

庭からは後頭部?しか見えず、家の中からいつも後ろ姿を見ていましたが、道に出ると、斜め下から、なんとかこんな感じで見上げることができ、顔を見ることができました。

f:id:kmomiji:20190725171807j:plain

f:id:kmomiji:20190725173013j:plain

f:id:kmomiji:20190725173125j:plain

美しい…。

梅雨が長かった今年、「青空とヒマワリ」はなかなか見れませんでしたが、

 

この堂々とした生き様ならぬ「咲き様」に、何枚も何枚も写真に収め、じ〜んとするほど感動してしまいました。(T_T)。

 

ようやく会えたね(^^)♪♪♪

 

ですが、束の間…

連日のゲリラ豪雨に打たれ、そろそろお別れの時期が…。

 

頭をうなだれ「おやすみ〜」

添えてあった棒が短かったこともあり、うつむきがちになってきました。

f:id:kmomiji:20190725173811j:plain

 

「そろそろ、おやすみしたいわ〜」と…。

f:id:kmomiji:20190725173751j:plain

 

豪雨や時折の風に煽られ、

もう、休ませてあげたほうが、いいかな。

と、添え棒を外しかけたところ…

 

あらまっ!

f:id:kmomiji:20190725174843j:plain

え〜〜〜っ!

いきなり、途中からポキっと折れてしまいました(> <)

 

せめて「枕木」に移動〜

f:id:kmomiji:20190725180149j:plain

 

こんな終わり方が良いのかどうか、わかりませんが、自分の手で休ませてあげられたと思い、立派な茎を処理しました。

      f:id:kmomiji:20190725180422j:plain

 

花からもらうエネルギー

玄関に花瓶を置いて、ヒマワリを挿しました。

     f:id:kmomiji:20190725181357j:plain

あっという間に花弁が落ち、なんだか寂しくて写真は花全体ではなく一部分に。

残り少ない時間、上から見て過ごしたい。

 

種を撒き、芽が出て、すくすくと成長し、見上げるほどにまで育ったあと、大輪の花を咲かせ、実際にはどのくらいの時間、花を見ただろう。

 

こんなにあっという間にお別れ?

と思い、切なくなりました。

 

でも、我が家の庭が面している路地は、毎朝、幼稚園バスの停留所に向かうママと園児さん姉弟が通り、水撒きをしながら挨拶を交わしたり、

 

ご近所さんが通ると、「きれいだね」と花たちを眺め、褒めてくださいます。

 

その関わりの中に、花がくれるもう一つのエネルギーを感じ、ガーデニングをはじめて良かった…と改めて、取り巻く様々なことに感謝の気持ちが湧いてきます。

       f:id:kmomiji:20190725184426j:plain

家族から、「まさか、〇〇(私の家庭内でのニックネーム)が、ガーデニングとはねぇ〜変われば変わるもんだね」と、事あるごとに言われており…^^;

 

ヒマワリを見て、ここまで感動する自分になれたことも、かけがえのない財産かな。と、しみじみ思うしだいです(*^^*)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます(^.^)♪

 

 

夏のご挨拶 お祝い 自立するひまわりの花束 ラッピング外さずそのまま飾れちゃうブーケ 生花 ギフト
 

 

 

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村