きれいの素

視覚障害がありますが、今できることを楽しんで、いつも笑顔で過ごしたい。人生一回、やりたいことはやってみてから考える♪

愛犬の命日に想うこと。たくさんの愛と命の限りの尊さを教えてくれた大切な家族。

こんにちは。もみじです♪

 

6年前の今日、愛犬が虹の橋を渡りました。      

家族になったとき 

引っ越してまもなく夫が単身赴任中、二人の息子と三人で暮らすなか、見知らぬ人が玄関前に突然立っていたり、夜中の物音がコワイ…などの気持ちから、番犬がほしい…と思うようになり黒柴クンを我が家に迎えた。

   f:id:kmomiji:20191210201552j:plain

息子たちはマスコットのように毎日たわむれ、

獣医さんから「お父さんが不在ならお兄ちゃんがボスだね」と、しつけの要を担ったのは長男だった。

いつも一緒だった

海も山も、いつも一緒。

ペットホテルに預けられることと、病院が大嫌いだったので、いつでもどこでも連れて行った。

 

もはやマスコットではなく、正真正銘、我が家の三男坊になっていた♪

    f:id:kmomiji:20191210200602j:plain

散歩は3人でローテーション。

行けないときには、まるでバイトのシフト交換のように、きっちりと代役を立ててから、自分の予定を決め、どんなことがあっても、息子たちは散歩をすっぽかすことはなかった。

私が怪我をしたときは、長男は大学の研究室の都合をつけて、散歩をしに一時帰宅し、また大学に戻っていった。

 

次男もどんなに部活がキツイときでも、散歩をサボることは絶対になかった。

f:id:kmomiji:20191210202656j:plain

桜のじゅうたん


「犬の散歩のために、子供にそこまでさせる?」

と、周りの大人達は思ったかもしれない。

 

もちろんです(^.^)

なぜなら、

それは命だから…

 

家族みんなで迎えた、みんなにとって大切な命。

散歩を押し付け合うなんて絶対にしないことは、息子たち自らの姿勢だった。 

 

家族で出かけるときは、いつでもどこでも

同じ景色を見て、そのぬくもりを感じていた。

      f:id:kmomiji:20191210211644j:plain

12歳4ヶ月。虹を橋をわたる

12歳の誕生日を迎えた8月。

体調が不安定になりながらも、ご機嫌なときは笑顔を見せてくれて元気に走っていた。

f:id:kmomiji:20191210211941j:plain

2013年 8月お盆 目元が優しく老いてきた^^

お盆休みに田舎に帰省した時には、まだ無邪気に走ってはいたけれど、お腹の調子が良くなかったり、食欲が無い日も時折あった。

その秋、

認知症の症状なのか、直径1mくらいの円を描くように、クルクルと回るようになった。

食欲も急激に落ちてきて、散歩にも行きたがらなくなった。

ちゃんと歩けない。

おかしい…。

 

私自身、幼少期から実家で犬を飼っていて、子供ながらに別れを何度か体験していたので、その様子に異変を感じ、直感的に心の準備をしはじめた。

 

病院…

連れて行かずに、家で看る。

そう決めた。

家族で話し合う、というより、即決だった。

ずっとそばにいよう。

 

私は仕事の都合をつけて、可能な限りずっとそばにいた。

夜中に切なくなると鳴くので、夫や次男と交互に一階に降りて、なでてなだめた。

 

長男は独立して同居してなかったが、次男が幼く散歩に連れていけなかった頃、ひたすらひとりで頑張った分、次男が「俺が看るよ」と話していた。

 

水も飲めなくなって6日目。

私はどうしても外せない仕事があったが、早く切り上げ帰宅。

昨日と変わらない呼吸で横たわっていた。

 

「待っててね〜」と、すぐにシートやおむつを変えてあげると、

身体を反り上げ突っ張った。

 あ…この感じ…

 

「いいよ」と声をかけ抱きかかえると、

待っていたかのように…、

私の腕の中でワンワンワンワンと4回吠えて、

12月10日、18時40分。

す〜っと心臓の鼓動が止まった。

 

4回…。

最期は鳴き声の数だけ、家族の名前を呼ぶと聞いたことがある。

涙が止まらなかった。

 

寝顔はとっても穏やかだった。。。

     f:id:kmomiji:20191210214713j:plain

おわりに

心臓が止まってからの写真、病んで意識がもうろうとしている時の写真、集団火葬ではなく、一頭だけで火葬してもらう事を選び、家族でお別れした時の写真…たくさん撮りました。

 

それはブログに投稿することはできませんが、最期が近づくときの健気な姿も、心から愛おしかったです。

 

動物は言葉を話しません。

私達家族のいろんな秘密(?)を、いっぱい見ていて、虹の向こうに持って行ってくれたのかな…^^

 

12歳は若かったかもしれない。

でもそれが彼の命の時間だったと私達家族は思っています。

たくさんの愛と命に限りがある尊さを教えてくれてありがとう。

 

6年も前のことですが、昨日のことのように思い、彼は今でもそこにいる気がしています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます(^.^)

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村