きれいの素

網膜色素変性症になって見えた世界〜「本当のキレイ」を探し、自分らしく生きる

私って服のセンスない?いえいえクローゼットを整理するだけで簡単にセンスアップ!

こんにちは。もみじです♪

 

歳を重ね、「最近、何を着てもピンと来ない気がする。私、センスないのかな~」と

クローゼットの前で落ち込んでしまう時があるとしたら

             f:id:kmomiji:20190714215324j:plain

 

歳を重ねて変化するのは当たり前

「若いコは何を着ても似合う」とか

「若い頃は」という言葉が頻繁に口をつくようになり、

 

ファッションも

「ラクが一番」なんて、あきらめモードになりがちな50代

いえ、もう少し早い段階から、そんな気持ちになってしまう方も

 

若い頃と比べたら変わってしまったことはたくさんあります。

顔にはシミ・シワ・たるみ。

ボディもそれなりに

 

でもいいのです。

 

メスや針で抗うことをしないのであれば、それらは受け入れることとして、

ナチュラルな中に、歳を重ねたことによる変化を楽しみましょう(*^^*)

 

50歳になっても60歳になっても、シワひとつないパンパンな顔、どうですか?

私は、ほうれい線も目尻のシワも、優しさを感じるならステキなシワだと思います(^.^)

      f:id:kmomiji:20190714214417j:plain

クローゼットに主役の服ばかり

気が向くままにお店やネットで服を買っているうちに、一着一着はとてもお気に入りなのに、いざコーディネートをしよとしたら、合わせにくい!なんてことありませんか?

 

柄物のブラウスに柄物のスカートは合わせにくいですよね。

黄色いブラウスに黄色いスカートもイマイチ、

どちらが主役?という感じ。

 

上下同一色、ワンピースなら話は別ですが

 

ベイシックでシンプルな色や形の服を持っていないというパターンです。

服はたくさん持っているのに、合わせにくいがゆえに、

「毎朝、着る服がない」と悩んでしまいます。

 

地味な服ばかり

白・黒・グレーなど、無難だから、何にでも合わせやすいからという理由で、無彩色の服ばかり買ってしまい、ベイシック過多の状況です。

      f:id:kmomiji:20190714214744j:plain

自分なりのポリシーがあって白・黒・グレーを集めているのであれば、それはひとつの個性になりますが、そうではなくて、

本当は華やかな色も着てみたいのに、周りからどう思われるか、「イタいと思われないか」を気にするあまり、明るい色やはっきりした色にチャレンジできず、コーディネートしてもウキウキしない…。

 

「なんかパッとしないなぁ~」とため息…。

 

日常を充実させる服

お出かけする時にオシャレをするというのは、誰でもが考えますが、実はに日常の生活で、どんな意識で服を選んで着ているかが、とても大切なのです。

 

子供の行事や都内のイベントやショッピングにお出かけという、たまにしかないハレの日に「おめかし」し、普段はいわば「どうでもいい服装」で過ごすのではなく

 

近所のスーパーにしか行かない日でも、むしろ一歩も家から出ない日でも、きちんとお化粧をし、軽くオシャレをすることが、現実のライフスタイルを支え、美意識を向上させていくことになるのです。

 

日常の服に意識を向け始めると、クローゼットの中がみるみる変化していきます(^.^)

 

www.kirei-no-moto.com

 

期限切れの服

クローゼットがいっぱいになっている人は、ハンガーに吊るしてある服の裾がクシャクシャになるほど、下の部分にセーターや一度きた服などが、ゆるく畳んで積まれています。

 

夏物も冬物も混ざったままで、毎回、全ての服を左右にスライドさせながらかき分けかき分け、今日きる服を探します。

 

そんなとき、「あれ?こんなの持ってたっけ?」と、昔買って忘れていた服に出くわし、旬を逃して微妙に着たくないデザインにため息をつく。

いつか着よう、いつか着ようと、一度も着ずにしまいこんであったというわけです。

 

冷蔵庫の奥で賞味期限が切れてしまったバジルソースを見つけたときのような気分です。※私の実例(笑)

      f:id:kmomiji:20190714214100j:plain

着る服より着ない服をはっきりさせる

何を着るかより、何を着ないかをハッキリとさせることで、クローゼットは一気にスッキリします。

 

残す服は、

自分の長所を活かせ、着ていて気分がいい服。

 

色、柄、形

トレンドを追うモデルでもない限り、無理に色々なデザインの服を着る必要はないのですから。

 

そのモデルでさえも、私服は定番のものを着ている方も多いようです。

艶やかな装飾品や、斬新なワンピースを普段から毎日着用しているわけではないということですね。

 

・落ち着く服

・ウキウキする服

 

ちょっと意識して振り分けてみるだけでも、着ない服が見つけられそうですね。

休日に一度、持っている服を点検し、「着ない服」をあぶり出してみてはいかがでしょう。

婚約指輪をリメイクして日常使いに

服の話とはちょっと離れますが、50代ともなると、若い頃に買ったアクセサリーで、デザイン的に付けなくなってしまっているものも、一つ二つあるのではないでしょうか。

 

例えばしまい込んであった立爪のダイヤの婚約指輪。

リメイクして、日常使いにしてみるのもオススメです。

 

人生が一度きりであることをしみじみ感じる世代になると、しまい込んでおくくらいなら、自分の気分を上げるために日常に取り入れてしまおう!という気持ちになるものです♪

まとめ

服がうまくコーディネートできないときは、自分にセンスがないのではなく、年月が経ったのに、昔の服に執着していて、今の「自分らしさ」を置き去りにしていただけではないでしょうか。

 

歳を重ねたら流行に左右され過ぎず、長所を活かせる「自分の定番服」を持ち、お気に入りのアクセサリーを付けて、何気ない日常の中に小さなオシャレを取り入れてみましょう。

 

そして、気づいたときで構わないので、背筋を伸ばすことを忘れずに(*^^*)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます(^.^)♪

 

 

 

 

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ
にほんブログ村