きれいの素

年齢を重ねても、障害があっても、小さなハッピーはすぐそこに♪

軽油車にレギュラーガソリンを間違えて入れてしまった!多大な教訓と復活にかかった費用。

こんにちは。もみじです♪

 

軽油車にレギュラーガソリンを間違えて入れてしまったらどうなるか?

 

知りたくても決して試すことができないですよね^^;。

恥ずかしながら我が家はそれをやってしまったのです。

    f:id:kmomiji:20200210170244j:plain

思えば異変はあった

 ガソリンスタンドで給油した後、45km離れた目的地へと向かっていたとき、助手席に座っていた自分にも分かるくらいシートの振動が…

何かおかしい…(-.-)

 

「なんか、おかしいよね」

「そうやな…エンジンやな

 そんな会話を交わして間もなく目的地に到着。

その日の目的地は「保険の窓口」

 

3度めのアポで、保険の見直し資産運用について、私たち夫婦の老後の生活に向けての様々な解決策の話が佳境を迎え、かなり集中した時間。

この保険の窓口が優れている話は、また後日、記事したいと思います(^.^)。

 

さておき

エンジンがかからない 

さて、保険の窓口の時間も終わり、頭の中はいい感じにパンパンで帰ろうとした時、

なんと立体駐車場から出られない(*_*)

エンジンがかからないんです。

   f:id:kmomiji:20200210171005j:plain

エンジンがかからない状態というのは、一般的に想像するのがバッテリー上がり

 

しかし、セルは回っている

「バッテリーではない」と推測。

 

とにかく、まずは

①立体駐車場の出口の管理人に、エンジンがかからないので駐車場から出られないことを伝えた。

そして

②損保会社に電話をかけ、レッカーの依頼。

 

この保険会社とのやり取りで想定外の時間を費やすことに(-_-;)。

 

損保会社のオペレーターさんが新米さんだったのか

こちらの状況を伝えても、それを聞いているのかいないのか、

マニュアルに沿ったアドバイスをしどろもどろにするばかり。

 

セルが回るのでバッテリーではないと思われる旨を伝えているのに、

「バッテリーだった場合、あーでこーで

「サービスは1回きりしか使えないのであーでこーで

その説明を繰り返し、長くおぼつかないことといったら......(T T)

   

それはわかったから、

「とりあえず来てほしいの‼」

と、スピーカーホンにしている夫のスマホに向かって叫びたくなりました(^^ゞ

    f:id:kmomiji:20200210204222j:plain

修理を依頼する「目的地」が決まっていないと…

 レッカーで移動を依頼する際に、

「どこに修理を依頼をするのか」が決まっていれば、直接、車をそこに運んでくれるということなのですが、うちの車は遠方のお店で購入し、こんな事態は初めてだったので、その質問に即答できなかったのです(> <)。

 

「どこに運びますか?

と聞かれたとき、

「買った店が遠方なので、近くのディーラーが今すぐ受け入れてくれるかどうかわからない」

と返答したところ、

 

そうなると、今日は損保会社の指定の場所に預け、明日改めて修理先をご連絡いただき移動することになります」とのこと。

 

う〜ん。

それは手間がかかる…(> <)

とにかく受け入れ先を確保したく、近くのディーラーに問い合わせを早くしたいから電話を切りたい!という焦り(-.-)

 

損保会社との電話をようやく切り、近くのディーラーが受け入れてくれるかどうか問い合わせるために、ネット検索してみると…、

すべて1830分で営業が終了していた(・・;)

手元の時計は1840

10分早く電話していたら…(T_T)

話を無理に打ち切ってでも電話を切ればよかった。

 

いや、そんな事を言っていてもしかたない! 

じゃあ、どうする!?

頼みの綱はENEOS

自宅近くのENEOSで、昨年車検をしタイヤも購入。

先日はちょっとしたボディの修理もしてもらって、そこそこの顔見知り(^^

 

非常にサービスやマナーの行き届いた店舗(スタッフさん)だったこともあり、一旦そこに預けさせてもらえないかと電話をしてみたところ、

二つ返事で快諾してもらえたのです(涙)。

 

そして、

その電話を切った直後、

エンジンがかからない原因が判明!!

入れ間違えたことに気づく‼

レッカーを待つ沈黙の間、ふと夫に何気ない問いかけをした私。

「軽油じゃなくてレギュラーを入れたって事は無いよね

 

「あっ!!!!!」

はい!原因判明(^^)/。

 

スッキリしたというか、恥ずかしいというか…

複雑な心境で夫はENEOSに電話をし、燃料を入れ間違えた事を告げました。

 

さずがプロ。

慣れた感じで先ほどと同様、受け入れ態勢万全の神様のような受け答え(T T)

「そうなんですね〜、わかりました!お待ちしています!」と。

 

30分ほどしてレッカー車が到着し、立体駐車場には入って来れないので、外まで押して出してくれ、レッカーにつないでENEOSに向かってくれました。    

   f:id:kmomiji:20200210184413j:plain

その後、私たちはタクシーを拾いENEOSへ。

スタッフの方から状況説明をもらい、その日は一旦帰りました。

 

その時のまた神様のようなスタッフの言葉が泣ける(T . T)

 「こういう事があると、ここまでいらっしゃるのに相当、気持ち的にもお疲れのことと思いますので、今日は家に帰られてゆっくりお休みになってください。

お車は元通りにしてお戻しいたします」

なんて心温まる言葉なんでしょう(/_;)。

 

ありがとうございます。

マイカー復活!かかった費用は...

翌日の午後3時にはマイカーを引き取ることができました。

 

▶メンテナンスで支払った費用は29,715

内訳は下記の通り。

D5W-30 8415

・フラッシング 3960

ENEOSオイルフィルター 1500

・エコフォースD 洗浄剤 2640

・燃料系修理 工賃 8800

・産業廃棄物処理料抜いたガソリンの処理 3300円 

・オイル交換工賃 550

・オイルフィルター交換工賃 550

 ▶試運転用の軽油代 2000円

    f:id:kmomiji:20200210195512j:plain

ということで、大きな故障なく無事に復活。

 

結果的には、

うちの場合、ENEOSに運んでもらったのが大正解だったということです。

前夜、ディーラーに電話がかけられなかったのは幸いだったということ。

 

いろんな意味で心底、ほっとしました(^.^)

   f:id:kmomiji:20200210185153j:plain

おわりに

【経験談】

軽油車にレギュラーガソリンを間違えて入れると、エンジンがかからなくなりました。

ちなみに軽油10㍑残っていたところに40㍑入れました。

※今回は走行距離が短かったこともあり、メンテナンスがこのくらいで済んだそうです。なので、すべての車がこの限りではありません。

 

最後に入れ間違えた理由を…

給油する際に、とあることで夫はちょっとだけ平静さを欠くコトがあり、少しイラッとしながらも、笑いに変えて話をしていた、そんな感じでした。

その流れで漫然と給油作業をしたことが、入れ間違えた理由...だったようです。

 

あえてフォローするならば、夫は平日、社用車でガソリン車に乗っていて、頻繁にレギュラーガソリンを給油しています。

マイカーに軽油を給油するのは、年間に数えるほど。

習慣化された心理的要素のコワさを改めて感じた次第です。

 

道路上でエンストしてしまうようなことがあったら、周りの方に多大な迷惑をおかけするところでした。

強く深く教訓を胸に刻んだ1日となりました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます(^.^)

 


PVアクセスランキング にほんブログ村